トップページ > ホームページサポート
 

パソコンサポートtipsアドバイスなど

 このページは、実際にあった質問トラブルなどをもとに気づいたことをメモとして置く備忘録ページです。

OSアップデートしてしまったときのトラブル

誤ってアップデートまたは、正規リカバリーディスクなどの損失でwindows標準ディスクでインストールする際のトラブルについて。

windows標準OSのインストールの際よく起きるトラブルとして専用デバイスが動作しない場
例として少し古くなったパソコンにwindowsXPなどで使っていたパソコンにまだサポートがあるVISTA・windows7等をアップデートした場合
スピーカー・有線・無線LAN・モニタードライバなどが使えない状態になることがあります。
この場合サポートが残っているパソコンであればメーカーサイトからそれぞれのドライバをダウンロードしてインストールすればよいのですが、サポート切れの機種やメーカー自体がなくなった機種(最近では吸収されたemachinesのパソコンなどがあたります。)ではドライバを部品製造元のサイトから落としてくる必要が出てきます。非常に困難です。

デバイスマネージャーを起動すれば状態を確認することが出来ます。
vista スタートメニュー→コントロールパネル→システムとメンテナンス→デバイスマネージャー
デバイスマネージャーの画面で黄色い!マークの付いた項目(不明なデバイス)がドライバが作動していないデバイスを示しています。
このデバイスに対して、旧システムからドライバの場所を指定してドライバの再インストールを行う必要があります。

OSのアップデートでは旧システムは、windows.oldというフォルダーのなかにまとめて移動しています。
今まで使用していたドライバは、C:\Windows.old\windows\System32\DriverStore\FileRepository
ここになります。
デバイスマネージャー→不明なデバイスをダブルクリック→不明なデバイスのプロパティ画面でドライバの再インストールボタンをクリック→コンピューターを参照してドライバソフトウェアを検索しますをクリック→参照ボタンをクリック→C:\Windows.old\windows\System32\DriverStore\FileRepositoryを選んでOKボタンをクリック→次へボタン→ドライバのインストールが行われ完了です。

新規にOSをインストールする場合は、バックアップとして別の場所(USBドライブや外付けハードディスク)にドライバをバックアップすることをお勧めしています。この際便利なのがドライバを探して保存できるDriver Magician Liteなどのプログラムを使用すると便利です。但しLAN関係は認識しないことが多いため保存先をクラウドディスクにするのは、上級者以外お勧めしていません。(ネットにつなぐ方法が・・・)

  • ホームページ制作の流れ
  • 大体の制作料金について
  • サイトの構造解析・訪問者の調査・改良点の見方。
  • SEOについて。
  • 外部サイトブログ・SNS・ショッピングモール・オークションサイトの利用法について。
ページトップへ戻る

SEOについて検索エンジンとページの関係。

 SEOとはGoogleをはじめとする検索サービスの検索結果の表示順序を上位に自らのWebサイトが表示されるように工夫すること。また、そのための技術やサービス。「サーチエンジン最適化」「検索エンジン最適化」とも訳される。Webサイト構築で効果を上げるための一つの方法です。
その一つの方法でしかない物に、ネットショップを成功させるためのあたかも万能の魔法のようにSEOという言葉を振りかざし大量の書籍・ページ中には法外な報酬をとる業者も現れました。これは、htmlの構造でテーブルを使ったデザインが定着してしまった弊害でもあります。検索サービス利用者が検索ワードに対して検索結果が適切に反映されず。検索結果上位以外は、まったく関係のないページが表示される事に嫌気がさしトップの結果しか見なくなってしまった為、必要以上に上位表示にこだわるようになってしまった結果です。ページを作る側と検索エンジン事業者の連携のなさが招いたまさに残念な方法論だったと私は捉えています。

 現在のW3C勧告による適切なページ構造を守るページが増えれば、検索結果も精確になり、たとえ100番目であろうと検索キーワードとマッチしていれば、本当にその情報を必要とする人は、ページを開いてくれるものです。無理なSEO対策に多額な費用を使って行うよりもまず、適切なページ構造もった検索エンジンに優しいページを作ることがwebページを運営する側の必要最低限の義務だと思います。

 検索エンジンの構造について少し考えてみましょう。まずは、検索順位の決定はどう行われているのか?について、検索順位を決定するアルゴリズムと言われる法則は、各検索サービスごとに異なっておりGoogleはもちろんのことほとんどすべての検索サービスで非公開とされています。(これを公開すると悪用する人たちが必ず現れますので仕方ないですね。)
では、 公開されていない順位付けの法則で、なぜSEO技術が存在するのか?それは、多くのパターンや手法を試行錯誤して人為的に順序の変動を楽しんでいるお宅(言い過ぎかな)が存在するからです。予測が当たれば大金を手にできたりしましたから仕方ないことです。でも中にはホントに都市伝説のような手法も存在します。また、検索のアルゴリズムは定期的に変更されていて一度うまくいっても次の変更で順位を落とすといった事も平気で起こります。
SEOの手法には大きく分けて、規則にのっとって少しづづ順位を上げる手法と、規則の欠点を利用して無理矢理、順位を変動させる手法があります。(前者は無害ですが、後者は、SEOスパムと認定されれば、かなりの順位降下のペナルティを受ける場合もあります。短期請負で高額なSEO料金をうたう事業者に多いです)実際今のアルゴリズムには、以前は効果があった無関係なリンクの多発は、順位の降下に影響するともっぱらの噂です。
気付いていない人も多いようですが、Googleの検索結果は、見ているパソコンで違う事ですよく見るページは上にいつの間にか順序が変わっています。公正な検索順位は、使っていないパソコンでまたはインストールしたてのブラウザで見ましょう。(笑)

ペナルティの対象=検索エンジンスパムとなる可能性が高いものには、
・リダイレクトページ 読み込んだ途端に別ページ(特に別ドメインは厳しい)に移動させるたまにサーバーをクラッキングされてマルウェアーの混入を許してしまった場合もこれにあたります。
・ステルステキスト 画面に表示していない文字背景と同じ色のテキストでキーワードを多用する 古典ですが最近cssの設定ミスでこう解釈されるページが増えています。cssチェッカーで一度テストしてみてください。
・テキストの画像化ページ 無関係なキーワードの文字をcssで画像と置換える手法、見た目に分からない。
・クローキング サーバー内で検索ボット(検索情報をページから集めるための専用プログラム)に実在ページとは別の情報を読み込ませ関係のないキーワードで上位に載せる手法
・リンクファームと呼ばれる検索結果を上げる目的のみで組織または共同でリンクを大量に作った無意味なページとそのページにリンクのあるページなど
最近では人手によるチェックが行われており、違反行為が発覚すると、ペナルティとして検索順位を下げられたりインデックスから削除されることがある。削除された場合、再審査を求めることが出来るが、審査に通るようなページに修正して再表示までに6カ月ほどかかります。検索サービスは無料のサービスとはいえあまりにも影響力が大きくなってしまっているため、サービス事業者には責任を持った正確で公正な表示を目指してもらいたいものです。
表示してもらう側も、安易な考えでSEO対策する前に、自社のページの構造がW3C勧告に準じた検索エンジンに優しいページであるかどうかの検証をお勧めします。

ページトップへ戻る

解析・アドバイス自サイトの評価、改善点の洗い出し。

第3者から見た評価を解析データと販促効果からアドバイス致します。

そのページがどのような訪問を受け滞在時間や訪問元・戻り先など行動からよめる評価や改善方法を一緒に考えていきましょう・・・お気軽にお問い合わせください。

ページトップへ戻る

ブログ構築サポート付加価値を付ける手法について考える

初心者の方にもわかりやすくアメプロなどの無料ブログサイトへの新規登録から使い方、ホームページとのrss利用方法、などをサポートいたします。

ページトップへ戻る

SNSページ・facebookページアクセス数の多いサービスに参加するススメ

ちかごろ何かと話題のSNS(ソーシャルネットワークサービス)は、海外では世界最大の会員数を持つFacebook(フェイスブック)、それに次ぐMyspace(マイスペース)日本ではMixiはもちろん、携帯版のGREE(グリー)、Mobage(モバゲー)、近頃では携帯ゲームサイトとしてのイメージが強いけれどもとはSNSサイト、あと忘れていけないのが、SNSの簡易版「つぶやき」に特化したTwitterこれの普及で国が変わってしまった事は誰でも知る事実です。どれもやる気とブラウザーさえあれば誰でも参加できる非常にトラフィック(ネットワークを流れる情報のこと、または、その情報量のこと)が多いサービスです。言いかえればサービスの利用者が活発に情報のやり取りが行われておりこのトラフィックの一部でも利用できれば、非常に有効なツールとなります。

それぞれの使い方や特徴・長所、短所をつかみ上手に利用するコツを考えていきましょう。

  • 登録方法・設定方法・プロフィール、写真の掲載
  • 企業ページの作り方。
  • いいねボタンの作成。
  • アカウントの完全削除方法(笑)

初心者からでもうまく付き合えるような出来るだけ分かりやすい説明を行っています。

ページトップへ戻る
Copyright(C) ひろメール九州・ゆめやプランニング 2012 All Rights Reserved.